バイアグラと飲み合わせると危険な慣行飲み薬

バイアグラは一時的に血管を拡げることで血流を良くしEDの症状を改善する薬で、第一医薬品として認められた薬です。
医薬品なので副作用の可能性がありますが、動悸や顔のほてり、頭痛や目の充血などが一時的に発生する程度です。
精神に影響を及ぼす薬ではないため中毒性や依存性はなく、慣行的に服用しても問題はないとされています。
それどころか、血管を柔らかく拡がりやすい状態にし、男性ホルモンを増やすために老化防止に効果があるとする医師もいます。
用法用量を守って服用していれば、良い効果を多くもたらしてくれる薬といえるでしょう。
ただし、これはバイアグラを単独で使用している場合であり、日常的に服用している飲み薬がある場合は注意が必要です。
特に、ニトログリセリンが含まれている薬は危険です。
ニトログリセリンはバイアグラと同じく血管を拡げる作用を持っており、血圧を下げる効果があります。
そのため、ニトログリセリンを含んだ薬とバイアグラを併用すると血圧が下がりすぎ、最悪の場合は死に至ります。
実際に、バイアグラが日本で認可される前に個人輸入で服用を始めたところ、心臓発作を起こして死亡したというケースがいくつか発生しています。
こうしたケースのほとんどが心臓病や狭心症の薬など、血管を拡張させる薬と併用したために発生しています。
このほかにも併用すると危険な物質がいろいろあるので、日常的に飲んでいる薬がある場合は事前に医師に飲んでいる薬の名前を告げるか、薬を見せて併用しても問題がないか相談するほうがいいでしょう。
また、もともと低血圧の方や過去6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を発症した方の服用も禁止されています。
命にかかわる重篤な症状がでる危険があるので、安易に服用しないようにしましょう。