バイアグラで脈拍数が上がることがある

バイアグラを服用した際には普段よりも勃起しやすい状況を作ることができるのですが、その効果を発揮している間は別の症状が見られることもあります。
そうした本来期待していた効果とは別に出てくる症状のことが副作用と呼ばれる物なのですが、それではバイアグラの副作用にはどういったものがあるのかというと、比較的多くの人に見られるのが脈拍数の増加です。
そもそもバイアグラはEDの症状を緩和するにあたって、血管を拡張して血行を促進するという効果があります。
血行を促進することによって陰茎部に血が多く送られるように働きかけ、それによって勃起をしやすく、勃起状態を維持しやすくするのです。
そうした効果があるため、脈拍数の増加という副作用はかなりの人で見られます。
ただ、これは薬理作用上ある程度仕方のないことです。
そのためバイアグラを服用して脈拍数が増加したと言っても、それが急激な物でも無いのであればそこまで心配をする必要はありません。
むしろ心配するべきは、脈拍数よりも普段の血圧などでしょう。
血管を拡張するということは血管にかかる血圧が下がるということです。
そのため心筋梗塞や狭心症の治療に使用されるニトログリセリン系薬剤や硝酸剤などを併用してしまうと、血圧が生命活動を維持できないレベルまで下がることがあるのです。
実際、過去にはバイアグラを友人から譲ってもらったという高齢者が服用して性行為に臨んだところ、心臓発作を起こして突然死するという事故が発生しました。
しかし本来、医師からのアドバイスなどをしっかり受けていればそうした事故は防げたはずなのです。
バイアグラを服用する際には必ず医師のアドバイスを受け、自身が問題なく服用できることを確認してから服用するようにしてください。